(20150110.sat.今日も一日がんばるぞい)

“藻からバイオ燃料” 3年後に生産開始

現在の生産技術では燃料
1リットル当たり1000円程度のコストがかかるということですが、技術開発を進めることで3年後に生産
に乗り出し、2020年までにはコストを10分の1以下に下げ、ジェット機向けの燃料などとして販売したい
としています。サトウキビやトウモロコシを原料とするバイオ燃料は地球温暖化対策として有効だとされながらも
食糧価格の高騰を招くなどといった影響が懸念されていますが、藻の場合、食用にはならずバイオ燃料としての
研究が盛んになっています。「IHI」の出川定男技術開発本部長は「今は生産コストが高いが中長期的には
高騰が続く原油とも十分、競争できる。原油価格高騰と地球温暖化の両方の解決策になるのではないか」
との事。

110707.jpg

▽IHIプレスリリース
http://www.ihi.co.jp/ihi/press/2011/2011-7-07/index.html


(sponsored link)
(▼ ◕‿‿◕ ▼改善中)


10 :名無しのひみつ:2011/07/08(金) 23:58:49.65 ID:TS/RvPJw

禿の太陽光利権に潰される



11 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:02:15.69 ID:KhOhQ7eH

バイオ研究に強いネオ・モルガン研究所(川崎市、藤田朋宏社長)と
神戸大学の教授らでつくるジーン・アンド・ジーンテクノロジー(大阪府吹田市、榎本ゆう子社長)と共同で実証研究を手掛ける会社を8月に設立する




26 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:24:08.08 ID:FsxbVjP3

>>11
筑波大と組むんじゃないんだ




29 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:28:07.69 ID:KhOhQ7eH

>>11
産学協同が盛んになったってことかな
大学の先生が研究したのを積極的に特許申請したり
先生同士がベンチャ-として立ち上げたりするシステムがある




13 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:06:30.79 ID:hEPivhmx

日本は本気だすべき
エネルギー大国になれる




210 :名無しのひみつ:2011/07/12(火) 23:15:26.85 ID:cwKUgw/2

>>13
その前にまずお前が本気出せ




18 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:14:50.71 ID:9W2OKEyZ

どっから有機物調達するんだ




19 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:15:17.00 ID:KhOhQ7eH

 IHI NeoG Algae 代表 藤田 朋宏は、次のように述べております。
「藻類バイオ燃料に対する期待と投資が世界中で高まっています。我々は、食糧を燃料に変換する方式ではなく
太陽のエネルギーで二酸化炭素を燃料に変換する光合成によって食糧を使わなくても高速で増殖する榎本藻(えのもとも)を用います
プロジェクトを推進するために、世界トップクラスのプラント技術を保有する企業と世界で活躍するバイオテクノロジーのベンチャー企業が
一つの器でゴールを目指す体制を整えることができました。

これチキチキじゃなく榎本藻だ
日本発の技術を磨きあげ、日本経済の為に貢献するだけでなく、数十年、数百年先を見据えて地球環境を守り改善することを目標にし、今後世界を変えるための技術を作り上げていきます。」 




20 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:18:37.43 ID:CcPS5mHb

>>19
>太陽のエネルギーで二酸化炭素を燃料に変換する光合成によって食糧を
>使わなくても高速で増殖する榎本藻(えのもとも)を用います

゚(∀) ゚ エッ?
太陽光使うなら太陽エネルギーと同じで生産効率にむらが




64 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 03:00:16.99 ID:eCVyEJZA

>>20
太陽光発電で作った電気は貯蔵できないが
太陽光で培養した藻類も、藻類から抽出した燃料も、貯蔵できる。




35 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/07/09(土) 00:41:27.47 ID:7QqNPhHK

まぁ、成長速度とかも問題になるから一概にいいとは言えないが
育成方法によっては手間が小さいかもしれない
後、改良によっては重金属やらを蓄積、回収できるようにしたり
汚水処理能力を向上させたり

色々応用の仕方はあるだろ。後はコストとの問題だろうし。




41 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 00:50:30.52 ID:Wp+GM+GA

>>35
藻が成長するには浅瀬が必要、さらに多少の海流も必須。
ところが適合するような広い面積の浅瀬はほとんどない。
浅瀬ではなくとも海面からの支えなどを工夫した藻が流れない
技術が必要になるのは想像が付くだろう。
成長が早いといっても生物の生長であって地下に溜まっているものを
汲み取るわけでもない。
だとすれば相当な面積が必要となるとは思わないか?
海が全部使えるとしても、それ以前に許認可の壁があるな。
漁師にとって見渡す限り藻の育成上だとすれば漁業にも影響がでる。
海上交通でも。
実験で作る程度の面積なら小さいだろうけど、国内使用量の数割に
匹敵するような規模なら充分他の資源との影響と重なるとおもわれる。
貴方が言うように重金属やらを蓄積、回収したとして、それが有害な
ものが高濃度に蓄積されていたとしたら(福島)、静岡の茶葉のように。
燃料として使うときはそれらの有害物質を完全に分離する技術があるか
どうかも重要な問題になりえる。




68 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 03:31:53.67 ID:/aPnNbAq

 藻といっても 金魚池の藻とか 海藻みたいなものではない

アオコとかクロレラに近い種族だ

要するに
1)家畜糞尿をメタン発酵させてメタンを絞ったカスの液肥を加熱殺菌して
2)田んぼとか、海水を仕切った養殖池にぶち込んで
  CO2を吹き込んで、アオコみたいな含油藻を爆発的に増殖させる
3)1週間に1回、田んぼや養殖池の水3000tをろ過して
  14tの生藻をゲットして
4)乾燥して、7tの単細胞藻を絞って3tの油を得るというイメージ

淡水藻なら田んぼで 海水藻なら海辺で、アオコのように増殖させて
栽培するんだよ


光合成じゃなく人工栄養を与えないと増えないオーランチオキトリウム
じゃなくて
もっと大量生産可能な 光合成含油藻の話みたいだな

ところで最近、何も知らない厨房がオーランチオキトリウムを
連呼してウザイ。挙句、高価なバイオ燃料を火力発電にぶち込むとか
バカな事を言い出すのでげんなりする





名無しのひみつ:2011/07/09(土) 01:20:57.71 ID:KagMEZDj

これは・・昔、アラブ人が日本に石油を売らないと
石油に代わる物を発明してしまうって冗談がホントになったのかw



油田



60 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 02:38:14.29 ID:/aPnNbAq

IHIは、火力発電用ガスタービンメーカーだから

原発事故を商機と見ていて
火力発電のCO2批判をかわすために、火力発電のCO2を吹き込んで
榎本藻を高密度成育させ

夜間電力で収穫して、火力発電廃熱で乾燥させ、夜間電力で搾油する
プロセスを提案するのだろう

しかし、藻の池を通してもCO2は1-2%しか吸収されないんだけどな
-----------------
だから、夜間高温ガス炉(原子力)で核熱で熱せられた900度のヘリウムで
石灰石と粘土を焼いて、「脱炭酸反応」でセメントを作るときの炭酸ガスを
吹き込んで榎本藻を高密度栽培し

昼間は核熱高温ヘリウムでガスタービン複合発電をして

原発夜間電力で収穫して、原発温排水で乾燥し、原発夜間電力で搾油したほうが
発電+セメント生産で発生するCO2は少なくて済むし

貴重な天然ガスや石炭を使わないで済む
-------
または どうしても天然ガスを使いたいなら

天然ガス/石炭と水蒸気を核熱ヘリウムで熱して、フィッシャートロプシュ触媒を通して
石油を化学合成したほうが、藻を使うより、安価・大量に石油代替油を
手に入れられるだろう 








65 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 03:07:57.13 ID:/aPnNbAq

>>60

植物の体は
 1)細胞内蓄積物・・油・でんぷん・タンパク
 2)細胞壁セルロース(鉄筋)
 3)細胞壁リグニン=木質(コンクリート)
でできている

搾油カスとはセルロースとリグニンなんだけど

原発/火力発電所の温排水で乾燥したあとで、バイオ炭として燃やしてもいいが
セルロースが勿体無い
だから

含油藻農場→搾油→搾油カス→セルロースエタノール工場→醸造カス(リグニン)
→乾燥固形燃料化

という3段カスケード利用が合理的だと思う

東北の津波廃材も、そのまま燃料にするのは勿体無くて
エタノール醸造原料にしたほうがムダがない




70 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 03:54:10.00 ID:pI3G+uTO

明るいニュースだな。
今、?円なら、意外と早く100円ぐらいになりそう。
情報管理は大切に





74 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 05:48:46.11 ID:4euweQRf

資源を生み出すというのは夢があるな




75 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/07/09(土) 06:11:52.42 ID:STwaUNkP

どんどん行こう




83 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 08:45:53.42 ID:NCbigvlC

税を課さなければ、ガソリンの代替になりそうだ。
政治的に難しそうだが。




84 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 08:53:03.89 ID:+TXuszpI

>>83
「暫定」非課税措置くらい、やって欲しいわな。




86 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 09:16:46.71 ID:gLQMtOZ+

太平洋のハワイ周辺やタヒチ周辺でレアアースが見つかったが
これで資源を取った後の残土をどうするんだと言っている人がいる

大洋の沖合というのは、貧栄養で魚どころかそれを養うプランクトンすらいないことが知られている
ここで、地下から採取し、レアアースを取った後の残土(薬剤によりレアアースを取ったなら、その薬剤が有害なら
安全なレベルまで取り除かないといけないが)を
周辺海域に撒いたらどうなるか?
無機塩類が周囲の海水より多いから、植物プランクトンが発生するはずだ

それで魚を増やしても良いが、やっぱり公害だらけで無理じゃない?というならば
植物プランクトンのうち油を多く生成するものだけを栽培し、これからバイオ燃料を作っても良いのではないか




87 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 09:28:05.26 ID:x/2bpg0z

ちょっと前にあったポセイドン計画はどうなったんだ?
あれも海で藻を育てて、バイオ燃料作るやつだった、しかも海水中の微量金属の回収を兼ねてるやつ



ecovision.jpeg




91 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 09:47:52.57 ID:gLQMtOZ+

>>86-87この2事業を組み合わせたいなあ
重金属を撒き散らすからダメ
むしろ撒き散らした重金属を藻類が高濃度で回収するからそれを取り出せて、
しかもバイオ燃料の原料にもなると




155 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 07:50:44.05 ID:7+2xZcLF

クロレラの工場がイスラエルにあった。
あれの応用が出来ないかない?





クロレラ工場



156 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 07:57:00.60 ID:7iqa2Hqq

バイオ燃料の生産量が増えた分だけ原油価格が下がる
安く作れるようになるとそのコストよりも原油価格が高くなる事は難しくなる




200 :名無しのひみつ:2011/07/11(月) 19:26:08.82 ID:CXODG46C

絶対、技術盗まれるなよ
ガンバレ

関連記事


おすすめブログの更新情報 ▼ ◕‿‿◕ ▼ この記事を読んだ人たちは下の記事も読んでるよ

この記事へのコメント:

(sponsored link)

(▼ ◕‿‿◕ ▼改善中)


トラックバック:

URL :

Total Access
カテゴリ
リンクサイト様

クリックで開きます

タグクラウドとサーチ

お世話になってます
最新コメント
全記事表示リンク
Twitter
はてなエントリー
記事ランダム表示
過去記事ランダム表示
アクセスランキング