(20150110.sat.今日も一日がんばるぞい)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(sponsored link)
(▼ ◕‿‿◕ ▼改善中)


菅首相退陣─挙げた成果のまとめ

F2010060414161602544.jpeg






菅氏は今週、間違いを犯した責任をとって辞めるのではないと述べた。
菅氏は昨年9月の代表戦で小沢元代表を破り、それに続く小沢氏の政治スキャンダルで、小沢氏の命運は封じ込められたかのように見えた。
野党の自由民主党は政権奪回のチャンスを嗅ぎ取り、協力を拒否した。



3つの原子炉でメルトダウン(炉心溶融)が起こり、東北地方の広い地域に放射能汚染が広がった。
菅首相は、政府が資金を確保するうえで不可欠となる公債発行特例法を成立させた。



強敵の小沢一郎元代表が政権に影を落とし、菅首相は民主党内でも次第に孤立を深めていった。
しかし、反対者をやり過ごし、望むものを手に入れるまで菅氏は居座り、驚くべき結果を出した。



だが小沢氏は党内のリーダーや前首相の鳩山由紀夫氏らと組み、菅氏を苦しめた。だが、国内での見方はまったく異なっていた。
昨年9月に領土問題をめぐる中国との外交論争で失態を演じて以来、世論調査での支持率は下がる一方だった。



首相としての波乱に満ちた日々にピリオドを打ち、5年間で6人目となる次の首相にその座を明け渡すことになった。
菅氏が首相に就任したのは昨年の6月、投票は29日に行われ、30日に新代表は議会で新首相に任命される見通し。財政難の地方自治体も、原発に付随する大型の補助金を望んでいた。



3月11日の東日本大震災と、原子力発電所の危機をめぐる対応への不満、野党の敵対的な姿勢を背景に人気はさらに下がり、民主党員からも辞任を求められるほどになった。



市民活動出身の菅氏が、政治を裏側で進める日本の慣習を打ち砕くのではと、大きな期待が持たれた。菅直人首相は26日、民主党代表からの辞任を表明。



この震災により、福島第1原子力発電所で、チェルノブイリ以来最悪の原発危機が起こった。
福島第1原発の事故の後、国民が原発を恐れているのを感じ取り、菅首相は再生エネルギー特別措置法を押し進めた。
菅氏の後継となる新代表の座を巡って、7名もの民主党の候補者が争うと見られている。







関連記事


(sponsored link)
(▼ ◕‿‿◕ ▼改善中)


この記事へのコメント:

(sponsored link)

(▼ ◕‿‿◕ ▼改善中)


トラックバック:

URL :

Total Access
カテゴリ
リンクサイト様

クリックで開きます

タグクラウドとサーチ

お世話になってます
最新コメント
全記事表示リンク
Twitter
はてなエントリー
記事ランダム表示
過去記事ランダム表示
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。